名付けのポイント|姓名判断をもとに赤ちゃんが幸せな人生を送れる名前を考えよう
ハート型の毛糸

名付けのポイント

カラーペンを持っている女性

ここまで詳しく赤ちゃんの名付けに必要な占いについてお伝えしてきました。
大切なことばかりで何から手を着けたらいいのかわからなくなった人もいるかもしれません。

そこで、最後に赤ちゃんの名付け占いのポイントをお伝えしておきます。

1・まず、先に呼び名を考えること。
占いにばかり目が行って、何と呼ぶかがお留守になってしまっては赤ちゃんがかわいそうです。
占いは、あくまでもまず赤ちゃんをそう呼びたい名前があって、それが苗字と合うかどうかを見る、という程度から考えていってください。
呼び名を考えると、どこかに凶数が出ることがあります。
そこを画数で調整していくと効率がいいです。

2・これ、と決めたらあまり調べすぎないこと。
名付けの占い方法は、前述の通り様々あります。Aの場合は運が良かったけれど、Bの方法ではあまりよくなかった、など詳しく調べすぎてはきりがありません。
この方法で調べる。と決め、そこで占いの画数が良いのものが出たら調べるのはもうやめたほうが無難です。愛するあまり、占いの終わりが見えなくなります。

3・ただし、間違えやすい感じの画数計算は注意すること。
2の注意にもつながることですが、占いによって採用する感じの画数の計算が違ったりします。

旧字体でカウントするだとか、細かい注意は必要です。
また、確認ツールとしてネットの自動占いサイトを使用する人が多いと思いますが、念のため何画で計算されているのか手動でも一度確認しておいてください。
間違いやすい感じの画数のあるのでそこは注意です。