もう一つの流派|姓名判断をもとに赤ちゃんが幸せな人生を送れる名前を考えよう
ハート型の毛糸

もう一つの流派

タロット占い

では、次に姓名占いで重きを置かれるもう一つの流派である陰陽五行について説明します。

・陰陽五行とは
中国の春秋戦国時代に発生した占いで、引用しそうと五行思想が結びついて生まれた思想です。
この世に存在するものすべては木、火、土、金、水の5つの要素からできているという思想です。

五行とはこの五つの要素のことを示しています。
五行にはその性質から相生(いい関係)と相剋(良くない関係)があります。

いい関係なのは木と火、火と土、土と金、金と水、水と木です。
また、悪い関係なのは木と土、土と水、水と火、火と金、金と木です。

この関係を命名判定に当てはめたものが陰陽五行の命名の占いです。

木、火、土、金、水の5つの要素にはそれぞれの性質があります。
陰陽五行の占いを命名に活用するときには、判断する内容を五行の性質に当てはめて調和と不調和の関係を見ていく必要があります。

では、命名占いではどのように活用するのでしょうか。
前章の五格でやった天格、人格、地格を五行の性質に当てはめるのです。

これを三才吉凶といいます。
まず、三才(天恪、人格、地格)それぞれの画数を出し、出た画数の下一桁を五行の性質に当てはめます。

それぞれ隣接する数が調和か不調和かを確認します。
これが陰陽五行占いです。

隣接する要素が同じ場合であることを比和といい、良い場合とそうでない場合があります。
木と木、火と火、土と土は良いのですが、金と金、水と水はあまりよくありませんので気を付けてください。

前章の五格と陰陽五行を組み合わせれば、良い名付けができそうですね。